設計士と建てるグラスプの家づくり
カタログ請求はコチラ フリーダイヤル:0120-21-1690

コンセプト

自由設計

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88

綿密な敷地調査の後、お施主様のニーズ(部屋数・外観・内観・仕様・設備など)のご要望に合わせ、当社スタッフ(専属建築士)よりCADによりプレゼンテーションさせていただきます。また3Dの映像を使い立体的に表現しながらお客様にわかりやすいデザイン・設計を進めて行きます。

アーリーアメリカンスタイル

con01

シンプルモダンスタイル

con02

ブリティッシュスタイル

con03

プレーリースタイル

con04

南欧スタイル

con05

和モダンスタイル

con06

家づくりの流れ

1.カタログ請求

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

2.モデルハウス見学

家に住む予定のご家族全員でモデルハウスを体感し、理想の住まいをイメージしましょう。建築中の物件や、完成見学会なども参考にしましょう。(※現在建設予定)

3.仕様・価格の説明

CIMG3720

標準仕様や家づくりにかかる費用の説明を行います。分かりやすい標準仕様書と資金計画をご用意しております。

4.ヒアリング(間取り・資金計画)

住まいに、どの位のお金をかけるのかを考えます。どこの場所で、どのような建物を建築したいかを相談しましょう。

5.予算を決める

土地の価格や資料、建物の価格や資料を見て相談し、土地代・建物代・その他に割り振ります。住宅ローンをご利用の場合はお借入れ可能な金額を確認する事が必要です。

6.敷地を決める

土地の予算を決めたら、住みたい地域や広さ、予算などを比較しながら探しましょう。また、土地を決めたらそこの土地に建築するための費用を確認しておきましょう。(解体費用・造成費用・水道の引き込み費用等)

7.プラン作成依頼

建物の大きさや部屋数、ライフスタイル等、プラン作成に必要な内容を相談しましょう。

8.プレゼン(図面と資金計画)

お客様のご要望をまとめ、プレゼンを行います。車の駐車台数や総合的な金額も一緒に伺い、建物の大きさや形を変えたり、次のプレゼンへの要望を打合せします。

9.ショールーム見学

ある程度の間取りが決まったら、実際に使用する住設備をショールームで見学しましょう。大きさや色も確認できるので、よりイメージしやすくなります。

10.工事依頼申し込み

最終プランの決定や工事に向けて、工事依頼申し込みをします。費用はかかりません。

11.最終プランの決定

平面図・立面図・配置の決定を行います。

12.詳細打合せ

打ちあわせ1 打ち合わせ3 CIMG0576 CIMG0592 打ち合わせ2

外装材・内装材・住設備の細々したことを一つ一つ決めて行きます。また、電気の配線図面等も決定して行きます。

13.ご契約

最終プランと詳細打合せをした仕様と、最終金額の確認を行った後に契約します。
ご契約書は契約当事者が各1冊ずつ大切に保管しましょう。

14.住宅ローンの申し込み

住宅ローンの申し込みには、図面と契約書の写しが必要になります。

15.確認図面の提出

確認図面の提出後の図面変更は、費用がかかります。しっかり確認しておきましょう。

16.着工

工事着工後でも変更可能な事もありますので、打合せをしていきましょう。

 

性能・仕様

断熱

誰もが望む「夏涼しく、冬暖かい家」「生活消費エネルギーの低減」は 住まいの断熱性能、気密性能で決まります。 グラスプ住宅では様々な高性能を備えた、グラスウールを採用。 「次世代省エネルギー基準」を満たす断熱最高等級4の家づくりを行っています。

seinou01

グラスウールの様々な優位性

■断熱性 高い断熱性を低コストで実現
■不燃性 有毒ガスの出ない安全な不燃材料
■耐久性 経年変化がなく長期間性能を維持
■環境性 地球環境に優しいノンフロン断熱材
■防音性 優れた防音性能により、遮音性が高い
■防蟻性 シロアリの食害に強い

seinou02

長寿命

外壁通気工法

内部結露による木材の腐食やカビの発生を抑える外壁通気工法。住宅の耐久性を保つには、木材を乾燥させる事が大切であり、外壁通気工法は壁の中の水分放出するため、透湿防水シートという水蒸気は通すが、雨水は通さない素材を使用し、壁の中を乾燥させ建物の耐久性を高める工法です

seinou04

       

 

構造躯体

経年と自然災害での変形を抑える体力壁、剛性の向上の床パネルを採用すると共に、N値計算による耐震金物や高強度な集成材を使用し、安心な住まいづくりを行っています。

基礎

kozo-kiso

不同沈下のリスクの低減させるべた基礎を採用すると共に、基礎幅を通常の120mmに対し、150mmとし確かな構造性能をもった基礎としています。

高精度プレカット

kozo-precut

構造材において、高精度プレカット加工により仕口、継手の精度、強度をさらに高め、誤差のない仕上がりを可能にします。現場での手加工による品質のばらつきを解消し、住宅の品質を高め、より耐久性の高い住宅とすることができます。

構造金物

kozo-kanamono

基礎と土台をアンカーボルト、基礎と柱をホールダウン金物により、緊結させ、建物と基礎の一体化を計ってます。また、各接合部には、N値計算に基づき、高性能、高耐久な金物により緊結させています。

耐力壁

kozo-kabe

構造性能に重要な耐力壁をN値計算にもとづき適切な量とバランスのよい配置で経年と自然災害による変形を防ぎます。

集成材

kozo-syuseizai

一般のムク材に比べ、強度性能・品質にばらつきのない集成材を採用することにより、強く、曲がりにくく、長持ちする安全な構造体をつくります。

剛床

kozo-yuka

構造用合板によって床を固め水平剛性を取り、水平面への変形を抑え、倒壊や崩壊を防ぎます。

品質保証

すべての建設地での地盤調査、第三者機関(日本住宅保証検査機構)による基礎配筋検査・構造躯体・金物検査を実施しています。また、定期的な社内検査を行い、品質管理の徹底を図っています。

アフターメンテナンス保証

10年間先もそしてその先も安心!!
新築住宅かし保険:JIOわが家の保険

住まいを守る法律「住宅瑕疵担保履行法」に基づき、新築住宅の瑕疵の補修等を行います。住宅の中でも構造耐力上の主要な部分、および雨水等の浸入を防止する部分で瑕疵が発生した際に修補費用の一定割合が、JIOから売主等(事業者)に支払われます。また万が一売主等が倒産した場合でも、2,000万円までの補修費用の支払いがJIOから受けられます。
※住宅保証期間は10年間です。また、10年後保証満了後もサポート致します。

保険の内容

グラスプ住宅株式会社が供給した住宅に関して、住宅瑕疵担保責任に基づき修補を行います。 JIOは修理費用の一定割合を保険金としてお支払いします。

jio    

※地震、台風、暴風雨等の自然現象、不適当であることを指摘したにもかかわらず、住宅取得者が採用させた設計・施工方法もしくは資材等の瑕疵については、保険金をお支払い出来ない場合がございます。

安全性を確認し保証を付ける為3度の、第三者機関の検査を実施

hosho

安心のアフターフォロー体制、お引き渡し後も安心!!
  • 不具合発生時<フリーダイヤル0120-21-1690>
    引渡後に不具合が発生した場合、担当営業までご相談下さい。お電話でお伺いする日程の調整を致します。
  • サービス担当者がお伺い
    サービス担当者がお伺いし、不具合箇所の確認を行います。補習が必要な場合、メンテナンスに伺う日程を確認します。
  • 修理・補修
    担当がお伺いし不具合箇所の補修を行います。
  • メンテナンス完了

維持管理

各保証書を発行し、お客様が快適に住み続けられるよう、アフターフォロー体制のサービスを提供しています。

地盤保証

一般的に「地盤保証」とは、地盤調査会社や地盤補強工事などを行う工事会社(以下、地盤会社)や保証会社が提供しているもので、地盤会社が行った仕事の瑕疵に起因して、建物が不同沈下などにより損壊した場合、その損壊した建物及び地盤の修復工事を行うことを約束したものです。
地盤保証は、地盤会社や保証会社などの保証者が、対象となる住宅の購入者や住宅の建設業者などの被保証者に対して、保証書に基づく責任の履行を約した契約と言えます。一般的な地盤保証は「保証期間10年」や「保証限度額5,000万円」などを謳っているものが多いですが、保証を提供している主体が契約している損害保険契約の内容や提供主体自体の信用によって、保証内容の信頼度が異なる点に留意する必要があります。

10年保証

10年保証(住宅性能保証制度)とは、第三者機構(住宅保証機構)の現場審査や保険の裏付けで10年保証住宅としています。
これは、住宅保証機構に登録した業者が新築住宅を登録申請し、合格した住宅に適用されます。万が一、多額な補修費用がかかる保証事故が発生した場合でも、確実に保証を受けられるしくみです。

10年長期保証の例(戸建・共同住宅)

●基礎の著しい沈下 ●基礎・柱・はり・壁のひび割れ ●床の傾斜、たわみ、破損 ●壁の傾斜、たわみ、破損、雨漏れ ●屋根からの雨漏れ ●土台・柱の傾斜、たわみ、破損 等

 グラスプ品質保証(2年間)

 

 無料点検、随時受け付けております

 何かありましたらお電話ください!0495-71-5401 迅速に対応いたします!